昔ながらの包装の内職

昔ながらの内職で、最もポピュラーな内職が、「包装」の内職です。

誰でもできるお仕事ですが、スピードと正確さの両方が必要になり、更に丁寧さを求められます。

手先の器用な方に向いているお仕事ですね。

箱などの大きさによって、場所が必要な場合もあり、商品の内容によっては、重いものの包装など力の必要な場合もあるようです。

包装の種類は、衣類、お歳暮、お中元のラッピングであったり、さまざまな商品の包装があります。

包装は汚してはいけないものなので、ペットや小さい子供がいる場合は注意が必要です。作業の時間帯を考慮したりしないといけませんね。

包装もラッピングの内職も一個あたりの単価で報酬が計算されますので、決して割のよい内職とはいえませんが、小物づくりが好きな方は楽しみながらできる内職といえます。

また包装やラッピングが出来るようになると、パートやアルバイトにも有利なので、スキルを身につける為練習と思って始めるのもいいかもしれません。