賞状書士

「賞状書士」という言葉を聞いたことはありますか?

パソコンやプリンタの普及が著しい近年、印字を目にする機会が多くなりましたが、一方で、変わらず毛筆を重要としたシーンも多くあります。

賞状書士とは、毛筆で文字を美しく書きあげる専門家です。

仕事内容は、結婚式の招待状や葬儀関係の郵便物、贈り物やご祝儀の宛名、卒業証書や終了証書、賞状や感謝状に、内祝い、金封の封書、表札、胸章と多岐に及びます。

又、発注先も、官公庁、一般企業、スーパー、印刷会社、学校・団体、ホテル等、数限りなくあり、非常に貴重なお仕事になります。

報酬の目安は、相場で1枚2000円~5000円。(例:招待状は1枚50円~80円、賞状は1枚200円前後が相場となります。)

完全在宅での仕事のケースが多く、一般的なものは、依頼主である業者から記入物(封筒等)と名簿が届き、期日までに送り返すシステムとなっています。

専門会社に登録するケースもありますが、登録の際に審査や試験を要する場合がほとんどで、高いスキルが求められます。

過去に書道を習っていた経験のある方や字がキレイな方なら楽しさややりがいを感じられるお仕事だと思います。

多方面で活躍でき、生涯役立つ技能として、人気のあるお仕事です。