内職,副業,確定申告

正社員や契約社員などの本業の仕事についていながら在宅の内職や副業をされている方も多くいます。

そのような場合の確定申告はどのようになるのでしょうか?

本業をしながら在宅の内職や副業をしている方に関しては、内職や副業での年間の収入が20万円以下であれば確定申告をする必要はありません。

年間の収入が20万円を超えている場合は、雑所得という項目に該当してしまいますので確定申告が義務になります。

そこで問題になってくるのは本業の会社が副業OKの会社かどうかです。

副業OKであれば通常通り確定申告して構いませんが、副業NGの会社の場合はバレてしまうリスクがあります。

ですので、下記の方法を取ることをオススメします。

 

【確定申告を普通徴収にする】

確定申告をする際の用紙に普通徴収という欄がありますのでそこにチェックを入れておきましょう。

そうすることで副業で得た収入分の税金の支払書は会社ではなく自宅に届くようになります。

本業の収入分は会社で全て手続きされ、副業分は自分で手続が出来るので会社にバレずに済むということになります。