内職,ライブチャット,稼ぐ

前回の記事で「ライブチャットとは?」という紹介をしていきましたが、実際にライブチャットをやっている人はどのぐらい稼いでいるのでしょうか?

もちろん日数や時間によっても変わってくると思いますが、おおよその数字を調べて見ましたので参考にしてみて下さい。

 

【ノンアダルトを例にしてみます】

1日だいたい5〜8時間ログインをしている状態。もちろん待機中の場合は報酬が発生しませんが、1日の平均の報酬を見てみると約7000円〜10000円ぐらいです。ちなみに報酬は分給で付いていくような感じです。

ほとんどのライブチャット運営会社がポイントで報酬額を決めているのですが、会社によって様々ですので説明は割愛させて頂きます。

月に15日入った場合で月収が約13〜15万円

月に25日入った場合、月収が約23〜28万円

ライブチャットをバイトや内職の感覚でやる人は月に5日〜10日ほど仕事をして5万円〜10万円稼ぐという感覚でいいかもしれません。

もしライブチャットを本業として在宅でやるのであれば、月の半分以上は1日5〜8時間はやらないといけないかもしれません。

ただ、上記の数字はノンアダルトになりますので、アダルトでやっている女性の場合は低くても上記の数字の約2〜3倍はあると考えていいでしょう。経験豊富な女性や人気のある女性などは月収200〜300万を稼いでいる人もいたりします。

普通の内職や、外で働くバイトなどと比べると稼げる額はかなり高い方だと思います。

アダルトなジャンルがあることでほとんどの人が出会い系やエロサイトなどの悪いイメージを持たれていますが、女性がちゃんとした仕事として働いていますし、利用している男性も日常の癒やしを求めて女性との会話を楽しみに来ているので健全な仕事であります。

男性は料金を払って癒やしを求め、女性は癒やしの相手をしてあげて対価を頂くというwin-winの関係になっているわけです。

市場の規模もどんどん大きくなってきていますし、運営する会社も増えてきているのでしっかりとした会社を見極めるのも一つポイントとなってくるでしょう。